企業に求められている動画コンテンツは?

企業様から、情報発信で動画を活用しようという話は大変多くいただいております。
しかし、多くの企業では、視聴者のニーズを理解せず、動画を発信している例が数多く見受けられます。
その結果、思っているような効果が得られず、動画は活用できない。難しい・・というようなお声を頂くことがあります。
企業の動画活用
当社も動画マニュアルや動画プロモーションを数多くコンサルティングを行っていますが、動画に対する企業のギャップと視聴者の求めるものに大きな差があることを感じています。

企業に求められている動画はどのようなものなのか?

ITmedia株式会社が公開した動画プロモーション/オンラインイベントに関する調査結果が非常に興味深い内容ですので、皆様にもシェアします。リンク
既に4年前のデータですが(2012年12月)企業からの情報発信で求められていることは本質的に変わっていないと思われます

81%の回答者が動画閲覧が可能と回答

社内での動画閲覧に関して回答者の81%が動画閲覧が可能と回答しています。
視聴者のデータ
この結果は2012年当時のものですので、現在はこの数値よりも高く、ほぼほとんどの人が社内での動画閲覧が可能と考えていいものと思われます。
また、動画視聴に関して、周りの目が気になるという回答も、個人的な推測ですが、今では減ってきているのではないかと思わます。
では、ビジネスでは、どのような動画が求められているのでしょうか?

プレゼンテーションよりも製品のデモ 技術解説のf動画が求められている

求められるコンテンツとは
この調査によると、製品解説/デモに関する動画コンテンツへのニーズが71.3%と一番のニーズがあり、続いて技術解説が63.5% 講演/プレゼンテーションの動画コンテンツは50.5%と第3位になっています。プレゼンテーションによる「売込み」よりも、商品情報、技術解説に対する情報の発信がユーザーにとって求められているといえます。

3分以内の動画視聴が34%

業務上で視聴できる動画は何分ぐらいまでなら視聴できるか
企業の動画活用 その1
この調査によると1分未満が16% 3分未満から1分では34% 5分未満で23%
5分以上から10分未満で13%となっています。

一番多くのクループが3分ほどの動画視聴となっています。当社の動画マニュアルでの調査結果でも動画視聴の平均的な試聴時間は1分弱という統計がありますが、より多くの視聴者に最適な長さは3分以内を目指すのがよいでしょう。

企業の動画コンテンツまとめ

企業に求められる動画コンテンツについてまとめると

1:動画視聴する敷居は下がっている。動画の視聴者は多い。
2:PR動画よりも、商品デモや技術的な解説 情報提供としての動画が一番効果が高い
3:視聴できる長さは3分が目安 長すぎる動画は見られない。

と言えます。

まだまだ、動画をPR用のコンテンツ、自社の「売込み」のためのツールと考えている企業が多いのですが、
動画はユーザーや購入見込み客に対するサポート等の情報提供が一番重要といえます。
継続的な動画によるノウハウ提供、コンテンツの充実がユーザーへの信頼を生み、動画マニュアルを短く、簡潔に作っていくことが必要という結果なのです。

調査対象

調査対象は 調査目的:ビジネスマンの動画視聴/オンラインイベント参加に関する意識調査
調査対象:ビジネスマン(来場者/視聴者側の視点)
調査媒体:誠/エンタープライズ/ニュースのメールマガジン読者
調査内容 -情報・資料の集め方:社内での情報収集方法
-動画プロモーションに関する意識調査
-オンラインイベントの認知度と期待値? 設問数 :14問 回答人数:494人

動画マニュアル作成ソフト ビューレットビルダーは

アメリカQArbon社で開発されたパソコン用のソフトウェアです。

企業のソフトウェアサポートツールとして世界中のヘルプデスク サポートセンターで活用されています。

動画マニュアル作成ソフト ビューレットビルダー ダウンロードはこちら

動画を活用して業務を効率化したい、お客様に満足してもらう動画マニュアルの作り方
ヘルプデスク サポート業務の方への動画活用ヒント集

“企業に求められている動画コンテンツは?” への2件のフィードバック

  1. […] 企業に求められている動画コンテンツは? […]

  2. […] 変多くいただいております。 その結果、思っているような効果が得られず、動画は活用できない。 [紹介元] 企業に求められている動画コンテンツは? | 動画マニュアル ウェブデモ […]

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ