小規模事業者持続化補助金と動画コンテンツ

小規模事業者持続化補助金とは、小規模事業者の以下に該当する事業に対し、原則50万円を上限に補助金がでる制度です。
小規模事業者持続化補助金
こちらのブログでも販促用の補助金として解説しました。
小規模事業者持続化補助金について

販促と同時に業務効率化もできる動画マニュアル

補助対象事業としては
持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者の地道な販路開拓や売上拡大の取り組みを支援するもの。ですが
・策定した「経営計画」に基づいて実施する、
地道な販路開拓等のための取組であること。

・または、販路開拓等の取組とあわせて行う
業務効率化(生産性向上)のための取組であること。
という要件も含まれており、
補助対象となり得る業務効率化(生産性向上)取組事例として

「サービス提供等プロセスの改善」の取組事例イメージ】
業務改善の専門家からの指導、助言による長時間労働の削減
従業員の作業導線の確保や整理スペースの導入のための店舗改装

【「IT利活用」の取組事例イメージ】
新たに倉庫管理システムのソフトウェアを購入し、配送業務を効率化する
新たに労務管理システムのソフトウェアを購入し、人事・給与管理業務を効率化する
新たに POS レジソフトウェアを購入し、売上管理業務を効率化する
新たに経理・会計ソフトウェアを購入し、決算業務を効率化する

などもあります。
小規模のIT事業者やソフト開発者 パソコンサポート事業などの方であれば、
販促用のコンテンツ作成、サポート用のコンテンツ作成、
コンテンツを宣伝用に拡散する。
ソフトウェアの購入
などにも動画マニュアルは使えるのではないか?と思います。

小規模事業者持続化補助金 申請から補助金受領迄の手続き

日本商工会議所のページを参考に手続の流れを画像にして見ました。詳しくはこちら
小規模事業者持続化補助金スケジュール
手続の期限について
受付開始: 平成28年2月26日(金)
受付締切: 平成28年5月13日(金)[締切日当日消印有効]
小規模事業者持続化補助金スケジュール
参考:日本商工会議所 平成27年度補正(平成28年実施) 小規模事業者持続化補助金 詳細ページ
採択時期から具合的な実施時期は7月以降となりますが、今から補助金を申請し、予算を獲得するのもいいかもしれません。

動画マニュアルなどのコンテンツ制作は時間と予算が必要なものです。この機会にぜひ ご検討してみてはいかがでしょうか?

参照:中小企業庁「平成27年度補正予算小規模事業者支援パッケージ事業小規模事業者持続化補助金の公募を開始します」
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/2016/160226shokibo.htm
お問い合わせ先・公募要領等
商工会の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者の方
 全国商工会連合会
 電話でのお問い合わせは、申請予定の商工会が所在する地域の都道府県商工会連合会に行って下さい。
 http://www.shokokai.or.jp/?post_type=annais&p=3224

商工会議所の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者の方
 日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金 事務局
 03-6459-2004(9:30~12:00、13:00~17:30)(土日祝日、年末年始を除く)
 http://h27.jizokukahojokin.info/

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ