企業の動画活用 5つのパターン

動画を活用する5つの方法

YouTubeやテレビCMのように宣伝目的でしか動画は活用できないというイメージをお持ちの方が多いのですが、PRで使用している動画の用途は、そのうちの一部でしかないのです。
企業が動画を活用するのは、大きく分けて5つの方法があります。今回は企業の動画活用の5つの例をご紹介します。

1:商品:サービスの紹介、コマーシャル

企業が自社の宣伝のためにユーザーにイメージを伝えるコンテンツです。商品をそのまま紹介するものもあれば、このようなイメージで訴求するコンテンツもあります。最近では、お客様の事例、インタビューなども増えています。

YouTubeに企業が配信する場合などはこのようなコンテンツがほとんどです。できるだけ多くの視聴者に見てもらうこと、動画をつかったマーケティングです。

2:IR:リクルーティング

株主総会などの中継動画です。投資家向けの伝達手段としての動画です。このような中継です。
企業のPR活動の一つであり、投資家へのサービスにもなります。

3:会議の配信、イベントの中継

クローズドな会議の中継、遠隔地を結んだリアルタイム、双方向のミーティングなど、コミュニケーション型の動画活用です。テレビ電話 スカイプ Googleハングアウトなどでの動画活用です。

4:社内向け、従業員向けの教育コンテンツ

社内研修や社内マニュアルなど企業内の情報共有で使う動画コンテンツです。社内のルールや技術的なノウハウを共有する用途といえます。当社の動画マニュアルなどはこのような用途に活用されています。
このような一般的なコンテンツだけでなく、社内のシステムなどをイントラネットで共有し、いつでもどこでも社内の環境内で閲覧し、教育コンテンツとして利用できるものです。

5:ユーザーへの情報提供

既存顧客のサポート、ヘルプデスクやソフトウェアやサービスの情報提供などで動画を活用します。
これも動画マニュアルの用途の一つです。当社のソフトウェアのサポートにも動画マニュアルは必須となっています。

ストック型のコンテンツ=動画マニュアル

PR宣伝やコミュニケーション型の動画は、時間が過ぎれば必要なくなりますが、ノウハウを伝える動画マニュアルは
いつまでも必要があれば検索され活用できるストック型の動画コンテンツです。
担当者が入れ替わったり、ソフトのバージョンが変更したりする場合などいつでも再利用ができるコンテンツですので、ある意味 企業内の知的財産ともいえます。動画マニュアルを充実させることが、長期にわたり企業のノウハウをストックすることになるとともに、効率的なサポート体制を構築する鍵になるのです。
企業の動画活用

動画マニュアル作成ソフト ビューレットビルダーは

アメリカQArbon社で開発されたパソコン用のソフトウェアです。

企業のソフトウェアサポートツールとして世界中のヘルプデスク サポートセンターで活用されています。

動画マニュアル作成ソフト ビューレットビルダー ダウンロードはこちら

動画を活用して業務を効率化したい、お客様に満足してもらう動画マニュアルの作り方
ヘルプデスク サポート業務の方への動画活用ヒント集

“企業の動画活用 5つのパターン” への1件のフィードバック

  1. […] 動画活用は、企業内外での情報共有として大きく分けて5つのパターンがありますが、社員教育や業務マニュアルの伝達、社内外のユーザーへのサポートなど、業務効率化やサービス品 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ