ウェブサイトに動画を掲載する おススメの方法

ホームページやブログに動画を掲載したい

自社のウェブサイトにビューレットビルダーで作成した動画を「一般に多くの人に見せるために」掲載したい場合、現在ではFlashよりもMP4型のファイルを掲載することをおススメしています。参照:Flash動画マニュアルの将来について

Flashはスマホ,タブレットでは見れない

Flash(swf fmv)形式の動画はiPhone、iPad アンドロイドタブレットでの閲覧はほぼできないようです。
*一部、アプリをインストールすれば閲覧できるものもありますが、ユーザーにアプリのインストールを強要することはできない。
また、ウェブサイトでGoogleの検索も考える場合、Flashファイルはおススメできません。
flash
大本のflashも名称変更・・・・Adobe Systems が Flash コンテンツオーサリングソフト Flash Professiolnal の名称を変更し、2016年初頭より Animate CC とすることを発表しました。参照

当社の「動画マニュアル.com」もFlashコンテンツで作成したページが大量に存在していますが、Googleのモバイル端末で視聴できないサイトの順位を下げた影響で、2015年5月ごろより、Flashで作成されたコンテンツページは検索結果で下位に落とされています。(サイト自体もモバイル対応していないため、順位はおちていますがFlashをつかったページはさらに落ち込んでいる)

flashは、PCならびに社内限定の場合のみOK

社内のイントラネットやクローズドなサポートサイトでパソコン閲覧のみで限定している場合は、Flashファイルでも今のところ大丈夫ですが、ブラウザー自身のサポートやウィルス対策など将来的には安心できません。

ビューレットビルダーでの出力と貼り付け方法

今後 推奨するのはMP4による出力とMP4形式でのアップロードです。ビューレットビルダーでの出力とウェブサイトへの貼り付け方法についてまとめました。

1:MP4ファイルをアップロードする

MP4 パブリッシュ
ビューレットビルダーでパブリッシュする場合は、MP4を選択し、Outputフォルダーごとサーバーに入れ、リンクをhtmlで指定します。
ムービーをアップロードしたサンプルはこちら

注意点:MP4ファイルはflashよりもサイズが4倍以上でかい

outputフォルダを見るとmp4ファイルができています。音声付の1分ほどの動画ですが、15MBあります。
大量の動画配信を自社のサーバーで行うには容量も確保する必要があります
output

ワードプレス(ブログ)やホームページに埋め込むには

Wordpresの場合は以下のタグを使います。

<video src=”sample.mp4″ width=”640″ height=”360″ poster=”sample.jpg” controls preload>

以下の通り出力されます。↓↓↓↓

*動画をブログ貼り付け、HTML貼り付けするにはブラウザーによってコードが変わります。
こちらのサイトを参考にしてみてください video タグでmp4 動画をサイトに埋め込む方法

外部のウェブサービス使って動画を配信する

動画のサーバー確保や手間、コストを考えると外部のウェブサービスを活用することが一番手っ取り早いです。

その1;YouTubeを使う

YouTubeに動画をアップロードして、ブログやホームページに貼り付けるのが一番簡単でおすすめできます。
youtubeなら、各デバイスを気にしない、サーバー要領を気にしない、検索からの流入も期待できるというメリットがあります。動画マニュアル.comも動画コンテンツはYouTubeに切り替えています。
ビューレットビルダーではYoutubeを選択しパブリッシュします。*セキュリティなどでうまくいかない場合があります。その場合はMP4でパブリッシュ後、YouTubeにアップロードします。
アップロードした動画は以下の通り ブログに貼り付けします。

YouTubeの広告がうっとおしいという場合

無料サービスのYouTubeでは、動画の合間に広告が表示されます。広告は表示したくないという方は
有料のvimeoをおススメします。インターネット上で一般公開したくない場合 広告を出したくないという時はvimeoをおススメします。vimeoは年間で6000円で管理でき、セキュリティや帯域も問題ない。スマホやタブレットでの視聴でも遅くないウェブサービスです。
vimeoを使って動画を配信する方法

vimeoの使い方 動画マニュアル

いかがでしょうか? 動画を一般に広く公開したいという場合は、YouTube、vimeoなどの外部サービスが今では一般的なのです。そしてswfよりもmp4が主流になっているということをお忘れなく。

h5>動画マニュアル作成ソフト ビューレットビルダーは

アメリカQArbon社で開発されたパソコン用のソフトウェアです。

企業のソフトウェアサポートツールとして世界中のヘルプデスク サポートセンターで活用されています。

動画マニュアル作成ソフト ビューレットビルダー ダウンロードはこちら

動画マニュアル制作、企業の導入についてのご相談もお受けいたします。お気軽にご相談ください

動画を活用して業務を効率化したい、お客様に満足してもらう動画マニュアルの作り方
ヘルプデスク サポート業務の方への動画活用ヒント集

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ