体験版で作成したqvpxファイルを正規版で保存する方法

体験版で作成したQvpxをライセンス購入後に正規版として保存するには?

ビューレットビルダー8体験版で作成されたファイルでは、正規版では読込できません。
しかし、同じPCであれば、体験版で作成されたデータを正規版に変換する方法があります。
今回はこの方法を解説します。

1:一旦 ビューレットビルダーのライセンス解除を行い、体験版にします。ライセンス解除
体験版

2:体験版の状態でプロジェクトを開き、保存します。
体験版を保存します

3:この状態で、ライセンス認証を行います
ライセンス認証

体験版で保存されていたプロジェクトも正規版のプロジェクトとして保存されました。
この状態で「パブリッシュすることで、体験版のウォーターマーク(大きなQarbonのマーク)が解除されます。

なお、体験版から正規版にするにはQvpxファイルが必要になります。

動画マニュアル作成ソフト ビューレットビルダーは

アメリカQarbon社で開発されたパソコン用のソフトウェアです。

企業のソフトウェアサポートツールとして世界中のヘルプデスク サポートセンターで活用されています。

動画マニュアル作成ソフト ビューレットビルダー体験版はこちら

動画マニュアル制作、企業の導入についてのご相談もお受けいたします。
お気軽にご相談ください

動画を活用して業務を効率化したい、お客様に満足してもらう動画マニュアルの作り方
ヘルプデスク サポート業務の方への動画活用ヒント集

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ