他のプロジェクトからスライドをインポートする方法

作成したプロジェクトを合体させたい。

以前作成した動画マニュアルプロジェクトを合成したり、必要なスライドだけ抜き出して動画を作りたいという時はスライドのインポート機能を使います。
スライドのインポート

ファイルメニューのインポートを使います

よく間違えてしまうのは「挿入」メニューです。挿入では新規のキャプチャや画像などの追加になりますが、
他のプロジェクトからデータを取り組むときは、ファイルのインポートなのです。

インポートはバージョン7からも取り込めますが、ビューレットビルダー4.5.6からはインポートできません。
この場合はいったん ファイルをビューレットビルダー8で開き、ビューレットビルダー8用のデータ形式にコンバートを行ってください。
参照:旧バージョンからのバージョンアップについて

音声付動画マニュアルはこちらです。

再度キャプチャから始めなくてもいいのです。動画マニュアル作成で効率化できますね。

旧バージョンと操作は変更はありません。

以前作成したプロジェクトのデータを流用する方法

動画マニュアル作成ソフト ビューレットビルダーは

アメリカQArbon社で開発されたパソコン用のソフトウェアです。

企業のソフトウェアサポートツールとして世界中のヘルプデスク サポートセンターで活用されています。

動画マニュアル作成ソフト ビューレットビルダー ダウンロードはこちら

動画を活用して業務を効率化したい、お客様に満足してもらう動画マニュアルの作り方
ヘルプデスク サポート業務の方への動画活用ヒント集

“他のプロジェクトからスライドをインポートする方法” への1件のフィードバック

  1. […] ソルも追加できます。 既に撮影したプロジェクトを挿入することもできます。 スライドのインポート方法 タイトル画面を作ったり、キャプチャ動画の間に「重要なポイント」をスライ […]

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ