形状の挿入 フェード機能をつかってみよう

ビューレットビルダー8 新機能 オブジェクトのフェード機能がつきました。

フェード効果は便利です

これはスライドで追加するオブジェクトを「ふんわり」と表示し、「ふんわり」と表示を消す機能です。
0.5秒ほどのエフェクトですが、この機能だけで 今までと違った表示になりますね。

フェード効果を付けた四角形の作り方

スライドにオブジェクトを挿入する方法です。 色や枠の調整だけでなく、フェード効果も調整できるようになりました。 フェード効果の表示秒数も調整し、前半のフェード、後半のフェードを0秒にすればフェードを無くすこともできます。

フェード効果はスライド挿入できるほとんどのオブジェクトに適用できます。

フェードのタイミング調整

フェード効果プロパティ
オブジェクトを右クリックし、プロパティを表示させます。一番下の「フェードアニメーションが有効」にチェックを入れるとともに、再生時間 時間終了(日本語がちょっとおかしいですかねww)
の秒数を調整します。 0秒にするとフェード効果は無くなります。

なお 全体の表示時間を「0」にしてしまうと、プログラムの不具合の通知がでることがありますのでご注意ください。
追記:フェードアニメーションの「表示時間」は表示するまでの時間【フェードイン】です。この時間を[0]にしてしまうとプログラムの不具合が起きます。(9月5日現在)

毎回設定するのは面倒くさいという場合

同じ形状を毎回使う場合など、形状のプロパティの設定を毎回行うのが面倒です。
このような時は、スタイルシートに登録しておくと便利です。
スタイルシートを効果的に使いましょう。

スタイルシートを使って作業の効率化を図りましょう

One Response to “形状の挿入 フェード機能をつかってみよう”

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ