スライドのフェードイン効果

スライドを切り替える時に使えるフェードアニメーション

時間の経過、完成した画像を見せる時に画面をフェードをつかって切り替える方法です。
パワーポイントでも「ディゾルブ」のようなスライドを切り替える効果がありますが、ビルダーでは画像を挿入しフェードアニメーションを使うことでフェード効果を表現します。
このようなイメージです。
anime

フェードアニメーションの作り方

1:画面を切り替える前のスライドを複製します。
複製ができたら、吹き出し、オブジェクトなどを削除します。カーソルも削除しましょう。
背景画像だけになったスライドで、表示秒数を2秒に設定します。

2;画像を挿入する
切り替わる予定のスライドの画像を挿入します。スライドの画像がリソースファイルに含まれていますが、
ツールメニューの「背景の編集」ボタンから画像の名前を確認できます。
背景画像の編集で確認

3後は、画像にフェードアニメーションをつけます。
フェードの設定はプロパティから行います。フェード表示の設定は以下の通りが基本です。
フェードイン(表示)に1秒 フェードアウトは0秒にするといいでしょう。
フェード設定
フェードアニメーションの設定方法はこちらのムービーをご覧下さい。

どうぞ活用してみてください。

このご質問は、セミナーでいただきました。

動画マニュアルセミナーでは、ほかにも動画活用に役立つノウハウを直接皆様にお答えします。

次回は4月に行う予定です。

動画マニュアル作成ソフト ビューレットビルダーは

アメリカQArbon社で開発されたパソコン用のソフトウェアです。

企業のソフトウェアサポートツールとして世界中のヘルプデスク サポートセンターで活用されています。

動画マニュアル作成ソフト ビューレットビルダー ダウンロードはこちら

動画を活用して業務を効率化したい、お客様に満足してもらう動画マニュアルの作り方
ヘルプデスク サポート業務の方への動画活用ヒント集

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ