人間は忘れる生き物です。

インターネットの登場で、世の中に飛び交う情報は飛躍的に増えています。しかし、人間の情報処理能力はあまり劇的には向上していません。

人間は忘れる生き物です。

ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウス
記憶の忘却について研究を行った学者です。

彼の説によると

エビングハウスの忘却曲線の内容は次のようになっています。

20分後には、42%を忘却し、58%を覚えていた。
1時間後には、56%を忘却し、44%を覚えていた。
1日後には、74%を忘却し、26%を覚えていた。
1週間後には、77%を忘却し、23%を覚えていた。
1ヶ月後、には79%を忘却し、21%を覚えていた。

図にすると下のようになります。

エビングハウスの忘却曲線

この曲線によると最初の1日から1月後では5%忘れるとなり、
最初の1日でどれだけ記憶を保持するかが大切なカギになります。

ソフトウェアの講習会やセミナーで、最初に話した内容をセミナーの最後にもう一度「質問」してくる人がいますが、聞いていないというより「忘れてしまっている」という風に考えましょう。

より記憶に定着させるには

テキストと画像だけのマニュアルで独習した場合、中々身につかないのですが

なんとか1日頭に植え付け、記憶にとどめてもらう方法は

体で覚えてもらう、演習を行うことです。

セミナー、勉強会では演習を取り入れ、その場で頭と、体で体験することで
より記憶残るようになります。

しかし、独習の場合、マニュアルテキストに演習課題を作っても、
実際に演習を行ってくれる人はすくなく、
マニュアル自体のボリュームが大きくなるのが難点。

記憶にとどめる仕組みとして、イメージを多用する

演習をすると記憶に残るのは、目だけでなく、手を動かすということで、脳の
記憶できる箇所を増やすということが目的です。

動画マニュアルにすることで、目で記憶する時に、動きを記憶することになり脳の記憶する箇所が一つ増えます。
そしてさらに
吹き出しによる言語
音声による聴覚

の記憶箇所を追加することで、 同じ内容でも、より情報量が増えた記憶として
植え付けることができるのです。

何度も反復させる

忘れそうになったら何度でも見れるように動画マニュアルをヘルプサイトの
わかりやすい部分に配置することも重要です。

人間は忘れるようにできています。

動画マニュアルは何度でも見てもらえるよう、見やすい場所に配置し、お客様に「動画マニュアル」の存在を記憶してもらいましょう。

*このエントリーは2013年のエントリーを再度 修正してお送りしています。

“人間は忘れる生き物です。” への2件のフィードバック

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ