本末転倒? 動画作成で気を付けること

◎本末転倒? 動画作成で気を付けること

動画マニュアル、動画作成を行う場合に気を付けていただきたいこと
それは、動画作成が最終目的ではない。ということです。

動画マニュアルは、本来のサービス、製品の使い方を
わかりやすく伝えるためのコンテンツです。

この動画を作る目的は何でしょうか?

大まかな例を3つ上げますと・・

使い方をわかりやすく伝える
=>使い方を理解してもらう。=使っていただく。

1)=>サポート問合せが減る=>サポートの効率化、時間短縮。

2)=>使い方がわかりやすい=>顧客満足が上がる。=>製品のイメージを上げる。

3)=>使いやすい商品とわかる。=購入時の決め手になる。=>購入につながる。

となります。

目的がはっきりしてくると、今度は動画マニュアルを誰に見せるか?
1)ユーザー、ヘルプデスクで活用
2)ユーザー、ヘルプデスク、マーケティング部門で活用
3)見込み客、マーケティング、営業部門で活用

そしていつ? どの媒体で見せるか?

ということも考えられるのではないでしょうか?

動画を作ることが目的ではなありません。
動画を使って何を行うのか?

という全体の考え方が重要になります。

◎パワーポイントをflashにする。動画にして配信する。

お持ちのパワーポイント、プレゼンテーションを
ビューレットシリーズで、動画にする方法です。

ビューレットビルダー7
パワーポイントの設定編 再生時間1分22秒

ビデオキャプチャの使い方 再生時間3分54秒

ビューレットカム2
パワポ スライドショウをカムでFlashにする方法
再生時間1分8秒

何度もご紹介していますが、

とても有効な操作ですので、再掲いたしました。

本日は以上です。

追伸:目的を持って作成、配信することは
動画マーケティングにおいても
基本的なことです。

集客、マーケティングのための動画活用はこちら

動画マーケティング ビデオレターネット

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ