動画マニュアルと費用対効果

 株式会社ウェブデモ 川崎です。

11月8日は「立冬」暦の上では冬になります。
そろそろ本格的に寒くなる時期、季節の変わり目です。
皆様もご自愛のほど。

■本日の記事■
★動画コンテンツの費用対効果について

 動画を制作すると、費用対効果は?ということを言われます。
それは動画作成=費用がかかるという認識があるからです。
費用対効果についてサポート部門、営業部門に分けての例を記載しました。

*顧客サポートへの導入の場合
当社のユーザー様では、紙媒体のマニュアル送付を減らし、
動画マニュアルをインターネットに掲載した事例があります。

この場合、削減したコストー(製作コスト+維持費)=費用対効果になります。
初年度は製作コストがかかりますが、2年目以降では大きなコンテンツ変更がない限り
削減コストの大きさがほとんど費用対効果として現れることになります。

楽天証券様の事例
ユーザー数の多いウェブサービスの場合、この効果は如実に現れます。

*販促コストとして捉えた場合、

残念ながら動画を一本つくって売上が上がるような魔法はありませんが、
動画では商品やサービスの内容をわかりやすく伝えることを考えます。
動画のコンテンツは、ブログのコンテンツと同じように、
お客様への継続した情報提供と考えてください。
継続して作成と配信を行うことが大事
・・・この結果、費用の換算は難しいのですが、
販売コスト(営業マンの活動、デモ営業、成約率、)や
教育コスト(セミナー回数、研修会数)の削減につながります。
営業マンのプレゼンテーションツールにもなるでしょう。

動画マニュアルの作り方をマスターし、コンテンツを作リ続けることは、
中長期的に知的財産として構築されていくことになります。

参考:
マニュアルを動画化するメリットは
動画では売り込んではいけない!
本日は以上です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
★ビューレットビルダー3.4.5.6をお使いの方は
是非、新バージョンをお試しください。

使い方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.webdemo.co.jp/vb7
Youtube版 http://www.youtube.com/user/webdemotube

最新バージョと旧バージョンとの比較はこちらのサイトにまとめています。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ビューレットカム2
動画マニュアルまとめ
http://www.webdemo.co.jp/software/how2vc/index.html

★ウェブデモ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「WebDemo」は 株式会社ウェブデモの登録商標です 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ