パッケージ販売の終焉?adobeのビジネスモデル

本日はニュースを一つ

【Adobe パッケージソフトの開発を中止!?】

フォトショップやイラストレータで有名なAdobeは
今後、箱入りのソフトウェアやダウンロードのライセンスを
売ることはなくなり、完全に定期課金モデルが取って代わる
とのことです。

参照:TechCrunch Japan
グッドバイ、Creative Suite―Adobe、
定期課金によるクラウド・モデルに全面移行、
CS6は当面販売を続けるものの新規開発は中止
http://goo.gl/sZfCi

インターネットwatch
米Adobe、Creative Suiteの新機能開発を中止~Creative Cloudへ移行
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130507_598291.html
ソフトウェアのパッケージ版が売れない。という声を聴きます。
弊社のソフトウェアも同じく、売行きが良くありませんが・・・・

これは新しいビジネスモデルに世の中が変わってきている
ということだと思います。

パソコン業界、ソフトウェア業界は今変革の真っただ中です。

過去、現在のルールや常識はそろそろ通用しなくなっているのでは
と感じられるようになりました。

当然ながら、紙ベースのマニュアルはなくなり、
ウェブでの操作解説、動画によるマニュアルは
引き続き増えていくでしょう。

そして、
動画マニュアルがないということは、今後のビジネスモデルでは
ありえないことになるかもしれません。
単純に画面をキャプチャーし、動画にするのではなく、
ユーザーの目線に合わせた、動画マニュアルを
動画マニュアル専用ソフト、ビューレットビルダーを
今一度お試しください。
★ビューレットビルダーの事例

エクセル2013 使い方 から
表の幅に合わせて文章を改行させる方法

音声は【声の職人】を使って挿入しています。

音声を入力する方法

ビューレットビルダー使い方 まとめ

本日は以上です。
ビューレットビルダー7と過去バージョンの比較表
http://www.webdemo.co.jp/pdf/VBVC2011_list.pdf
★ビューレットビルダー3.4.5.6をお使いの方は
是非、新バージョンをお試しください。

追伸:動画マニュアルも現在、オフィスよりも

ウェブサービスやタブレットなどに人気が集中しています。

流れが速い!と実感しています。

Facebook 使い方

dropbox 使い方

LINE 使い方

iPad使い方

iPhone 使い方

Android タブレット

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ