コスト削減の標的は保守サポート費とライセンス料 人件費は・・

ソフトウェア、IT運用のコストは今後、益々 削減傾向にあります。

気になった二つの記事をご紹介

コスト削減の標的は保守サポート費とライセンス料

記事には

IT関連コストの44.9%を占める運用管理コスト、そのスリム化は多くの企業で解決したい課題の一つだろう。
しかし運用管理コストの削減は、闇雲に外注費の単価を下げようとしたり、
特定の運用業務を廃止したりしても実現できない。….

また 今後の削減対象は保守サポート費・・

9割の企業がシステムの老朽化に取り組む

このレポートでは、企業システムの老朽化が進んでいるということに44.9%の企業がこの問題への取り込みを
始めているとのこと。

その他、IT分野の課題は
ノウハウの属人化
運用マニュアル、手引書が完備されていないという項目が
多いようです。

コストを掛けれない。
人員の確保も予算確保もままならない、ITの保守に、
動画マニュアルソフト ビューレットビルダーの活用をお勧めしております。

WindowsXPのサポートも終了間近です。

属人的なノウハウをアーカイブ化する。
教育コスト、サポートコストの削減を行うために、
今 動画マニュアルをおすすめしています。

ビューレットビルダーの詳細はこちら


 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ