ビデオキャプチャーのパブリッシュ SWF出力の注意点

ビデオキャプチャでSWF出力する時の注意点

ビデオキャプチャからflashファイルにパブリッシュする場合、いくつかの注意点があります。

その1 Swfファイルが複数ある?

ビューレットビルダー8でビデオキャプチャを選び出力すると、複数のswfファイルができる場合があります。
swf801
このflashmediaelement.swf とSWFLoader.swfは Flashムービーを制御するファイルです。
公開する場合はフォルダ内にいれ、削除しないでおいてください。

その2:動画ファイルが2つに分かれる?

swf802
こちらの図では、ファイルデータが233.swfと233_video2.swfと二つのファイルに「分割されて」います。
これはどちらも削除することなく、同時に使用する必要がありますが、このswfファイルを一つにする方法があります。

ビューレットビルダー8の場合
swf8
プロジェクトのプロパティ「Viewletオプション」の中に「アドバンス」タブがあります。ここを開き
「swfの分割」のチェックを外してください。

ビューレットビルダー7の場合
vb7swf
同じくプロパティより flashを指定 同様に チェックを外してください。

注意!パブリッシュは上書きされます。

パブリッシュは自動的に「output」フォルダを作成し、ファイルを上書きします。これはswf mp4 flvとも同じ「output」フォルダーに作成することになり、上書きされないファイルはそのまま残り、どれが最終的に必要なファイルなのかわからなくなる場合があります。 一度完成したファイルはoutput フォルダごと 名まえを変え、別の場所に保存しておくといいでしょう。

ビデオキャプチャの関連コンテンツ 一覧

ビデオキャプチャの方法

ビデオキャプチャの注意点 設定を確認しておこう

ビデオキャプチャの編集方法 タイムラインの操作

ビデオキャプチャで吹き出しを入れる方法

ビデオキャプチャーのパブリッシュ SWF出力の注意点

パワーポイントのスライドショーを動画に変換する方法

ビデオキャプチャー後にWORDやPDFに出力したい

その他のキャプチャ方法

マニュアルキャプチャ

クイックデモ

その他のキャプチャ方法とキャプチャの注意点

動画マニュアル作成ソフト ビューレットビルダーは

アメリカQarbon社で開発されたパソコン用のソフトウェアです。

企業のソフトウェアサポートツールとして世界中のヘルプデスク サポートセンターで活用されています。

動画マニュアル作成ソフト ビューレットビルダー体験版はこちら

動画マニュアル制作、企業の導入についてのご相談もお受けいたします。
お気軽にご相談ください

動画を活用して業務を効率化したい、お客様に満足してもらう動画マニュアルの作り方
ヘルプデスク サポート業務の方への動画活用ヒント集

“ビデオキャプチャーのパブリッシュ SWF出力の注意点” への4件のフィードバック

  1. […] ビデオキャプチャーのパブリッシュ SWF出力の注意点 […]

  2. […] ビデオキャプチャーのパブリッシュ SWF出力の注意点 […]

  3. […] ビデオキャプチャーのパブリッシュ SWF出力の注意点 […]

  4. […] ビデオキャプチャーのパブリッシュ SWF出力の注意点 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ