拡大して、左右に画面を移動する ズーム機能活用

ズームから画面を移動する

こちらのサンプルをご覧ください。ズーム後に画面を右に移動しています。

パンという技法です。

通常のビデオ撮影でいう、カメラの首を振る「パン」という技法と同じです。

パン (Pan) は、映像の撮影技法の一つで、固定したカメラの向きを「振る」こと。本来、左右に振ることだけを「パン」と呼び、上下に振る事は「ティルト」と呼ぶが、左右でも上下でも「パン」と呼ぶことがある。パンニングとも言う。

画面の説明、拡大表示から視点を移動させる手法です。ズーム機能で可能です。

ズームでの操作

ズーム機能で拡大表示する 最初の拡大表示はズームを使います。
ズーム機能

ズームを挿入し、同じ大きさで位置を変える
パン
これでパンを行うことができました。

参照:
ズーム機能の使い方

ズーム パン機能でさらに表現力が高まります。 是非活用してくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ