タイムラインの使い方を把握しよう

タイムラインとは、ビューレットビルダーの下部にある、動画の時間推移を調整するためのタブです。
タイムライン

タイムラインは左のスライドと連携しています。左のスライドを指定するとタイムラインも移動します。
スライド内のオブジェクトの表示タイミングもここで調整、確認ができます。
スライドオブジェクトの並び順(上部に表示されているものが上に表示される)も調整、表示、非表示もタイムラインから確認できます。

タイムラインの操作を理解すれば
動画の細かな表示タイミング、カーソルの動きなども簡単に調整できるようになります。

よくある動画編集ソフトではタイムラインの編集がメインですが、ビューレットビルダーはスライド単位の編集とタイムラインによる微調整による2つの編集作業を使い分けることで効率よく動画マニュアルが作成できます。

特にお勧めなのは、マニュアルキャプチャを使ってキャプチャし、スライドをメインに編集する方法
です。マニュアルキャプチャについてはこちらの動画をご覧ください

参考エントリー
ビデオキャプチャの編集方法 タイムラインの操作

動画マニュアル作成ソフト ビューレットビルダーは

アメリカQArbon社で開発されたパソコン用のソフトウェアです。

企業のソフトウェアサポートツールとして世界中のヘルプデスク サポートセンターで活用されています。

動画マニュアル作成ソフト ビューレットビルダー体験版はこちら

動画マニュアル制作、企業の導入についてのご相談もお受けいたします。
お気軽にご相談ください

動画を活用して業務を効率化したい、お客様に満足してもらう動画マニュアルの作り方
ヘルプデスク サポート業務の方への動画活用ヒント集

2 Responses to “タイムラインの使い方を把握しよう”

  1. […] タイムラインの使い方について タイムラインの基本的な使い方 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ