スライドタブの表示の修正方法

スライド一覧表示

スライド一覧に違うスライドが表示される

ビューレットビルダーでスライドの移動、コピー他編集作業等を長時間行っていると、スライドタブの一覧画面と
作業画面のスライドが違って表示される現象があります。

スライド一覧はスライドの変更状況をリアルタイムでサムネイル表示するのですが、編集時のメモリ使用量が多い時に起こる現象です。

回避策

スライド再読み込み
回避策は簡単です。スライド一覧タブ、右上の「サムネイルの再表示」をクリックすることでサムネイルを再度計算し、正しいサムネイルを表示させることができます。

パソコンのメモリを大量に使用している

この現象が出てきている場合は、パソコンの画像表示に使用するメモリが限界に達している場合が多く、メモリ不足によりソフトウェアが不安定になっていることが考えられます。メモリ不足のまま騙取作業を続けると、最悪の場合、プログラムが動かなくなったり、パソコン本体が異常終了する場合もあります。
念のため、現在のプロジェクトを保存し、ビューレットビルダーを終了し、パソコンの再起動を行うことで、一度、メモリをリセットすることをおすすめします。
パソコンも一旦休憩させてあげましょう。

One Response to “スライドタブの表示の修正方法”

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ