パワーポイントのスライドショーを動画に変換する方法

パワーポイントのプレゼンテーションビューレットビルダーで読込み、YouTubeにアップする。
サンプルはこちら

ビューレットビルダーではパワーポイントファイルを呼び込む方法が二つあります。
1:スライドショーをそのままキャプチャーする
パワーポイントのスライドショーの設定から「出席者として参照する(ウインドウ表示)」にチェックを入れます。
パワーポイントの設定
そのままスライドショーを行うと、スライドショーがウィンドウ表示になりますので、
ビューレットビルダーの「ビデオキャプチャ」で撮影、同時に音声も入れていく方法です。
ビデオキャプチャの使い方

サンプル動画のようなムービーを作成することができ、YouTubeや動画配信サイトにMP4データとして配信することができます。

2:パワーポイントのスライドを画像として取り込み、イメージプロジェクトを作成する
パワーポイントのスライドを画像として取り込む
この場合はパワーポイントのアニメーションは表示されません。
ビューレットビルダー側で音声をスライド単位で入れていくことになります。

折角作ったパワーポイントを活用しよう。

過去のプレゼンテーション、社内教育やセミナーのパワーポイントをそのままにしておくのはもったいないですよね。
ビューレットビルダーで動画コンテンツとして、再利用しましょう。

パワーポイントを動画にする場合の注意点

1:1スライドの情報量を減らす
パワーポイントのプレゼンテーションは、プロジェクターで投影するために作成されている場合、パソコンやタブレットなどで表示させることを考えると、画像や文字などは読みずらいかもしれません。
パソコンで閲覧するスライドにするために、文字数を減らし、画像をスライドに分けて表示するなど、
シンプルでわかりやすいスライドにことも考えましょう。
*あるいはPDFなどで資料をダウンロードさせて一緒に見てもらう等

2:動きはシンプルにしましょう。
ビデオキャプチャーでは1秒間に10コマ撮影することができます。そのため、複雑なアニメーション、動きの速いアニメーションなどは
コマ落ちし、カクカウとした動画になることがあります。
アニメーションはディゾルブやフェードなどシンプルなアニメーションに差し替えするといいかもしれません。

3:YouTubeで多くの人に見せるなら、長さは5分ほどで作る
もし、一般の人に広く配信するのであれば、多くの人に最後まで見てもらうためにも、動画は分割して配信しましょう。
1時間の内容の場合、10分単位、5分単位などで分割して録画することをおすすめします。
長い動画は最後まで見てもらえません。その結果、一番重要な部分を伝えきれない場合がでてきます。

もう一度こちらの動画をご覧ください。

記憶されるためには、シンプルにわかりやすくということ忘れずに。

ビデオキャプチャの関連コンテンツ 一覧

ビデオキャプチャの方法

ビデオキャプチャの注意点 設定を確認しておこう

ビデオキャプチャの編集方法 タイムラインの操作

ビデオキャプチャで吹き出しを入れる方法

ビデオキャプチャーのパブリッシュ SWF出力の注意点

パワーポイントのスライドショーを動画に変換する方法

ビデオキャプチャー後にWORDやPDFに出力したい

その他のキャプチャ方法

マニュアルキャプチャ

クイックデモ

その他のキャプチャ方法とキャプチャの注意点

動画マニュアル作成ソフト ビューレットビルダーは

アメリカQarbon社で開発されたパソコン用のソフトウェアです。

企業のソフトウェアサポートツールとして世界中のヘルプデスク サポートセンターで活用されています。

動画マニュアル作成ソフト ビューレットビルダー体験版はこちら

動画マニュアル制作、企業の導入についてのご相談もお受けいたします。
お気軽にご相談ください

動画を活用して業務を効率化したい、お客様に満足してもらう動画マニュアルの作り方
ヘルプデスク サポート業務の方への動画活用ヒント集

4 Responses to “パワーポイントのスライドショーを動画に変換する方法”

  1. […] 、パワーポイントのスライドショーを動画にする時に活用しています。 […]

  2. […] 18. パワーポイントのスライドショーを動画に変換する方法 […]

  3. […] パワーポイントで作成された講義をオンラインで視聴できる。PPT型のファイルをFlashにしたり、スライドショーを動画ファイルにすることでウェブサイトから配信することができます。 […]

  4. […] をキャプチャする方法です。 パワーポイントのスライドショーを動画に変換する方法 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ