声の職人 合成音声ソフトのご紹介

動画マニュアルの制作で、弊社では音声を付けることで
よりわかりやすい動画コンテンツを作成しています。

音声がついているだけで、聴覚からの情報も付加されますので
よりわかりやすくなるとともに、
動画マニュアルの品質も1,2ランクUPします。

たとえばこちら Windows 8のアプリからTwitterと連携する方法

この音声、弊社ではエーアイTALK「声の職人」を使用しています。
この声の職人 ですが、6月3日に新バージョンがリリースされました。
キャンペーンも開始しています。

Windows8にも対応し、より使いやすくなっています。

合成音声のメリット
・ナレーターがいなくてもすぐ必要な音声が作成できる。
スタジオがいらない
音声のクオリティはどこで差が出るか?というと
音のない状態「無音」ができるかどうか?になります。
合成音声の場合、パソコン内で完結しますので、わざわざノイズを
 編集する必要がないのです
・いつでも同じ声で録音できる
音声の抑揚、速さなどが記憶できるので、毎回同じとーん

デメリット
・機械的な音声になる場合がある
ひと昔前と比べると、音声は大分滑らかになりました。
また、スピード、抑揚などもかなり容易に変更できるようになりました。
・お値段が高い
確かに声の職人は機能が優れているので価格が高いです。

もしお悩みの方はこちらのキャンペーンを利用していてはいかがでしょうか?

声の職人 キャンペーン

概要
2013年6月3日販売の最新製品AITalk3声の職人
(1話者付)に2話者を追加し、
各ライセンス30本づつ50%OFFの価格で提供いたします。

対象者
法人一般企業(エンドユーザーが自治体、学校法人の場合には
キャンペーン対象外となります。)

対象商品
自社利用永年ライセンス
商用利用永年ライセンス

自社利用と商用利用の違い
社内で完結する音声の場合(社内イントラネットなどで使用するなど)
は自社利用になりますが、
インターネットで公開、セミナー、展示会などでナレーションを使う場合は
商用利用になります。

おそらく商用利用がほとんどだと思われますが、50%offという
キャンペーンはあまりないと思われますので、
この機会にぜひ、ご検討いただければ幸いです。

先着30セットキャンペーン詳細はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ