テキストの表示される時間を調整する方法

 ビューレットビルダー7では、入力したテキストの文字数によって
表示時間を自動で調整する機能があります。


動画(53秒)テキストの表示時間と編集について
プロジェクトのプロパティ
タイミングにてテキストの読取速度を設定します。


1分あたり180文字から210文字でスムーズなタイミングと思われます。
(日本語の場合2バイト=1文字のためおよそ100文字換算)


★動画にテキストを入れる・・


動画にテキストを挿入する場合、あまり早すぎては読めませんし、
文章量が多すぎると、動画自体が間延びしてしまいます。


できるだけ簡潔な文章を心がけてください。


長い説明文が必要な場合は、動画以外の部分にコメントとして
記載したほうが、いい場合もあります。



★どうしても動画内に長い文章を入れる場合は、
一旦動画を停止させ、読み終わった後に、動画をスタートさせる
方法があります。


この動画を応用してください。一時停止させたのち
再生ボタン(動画ではスタートボタン)を付けます。
スタートボタンを作成する(2分12秒)
http://www.dougamanual.com/blog/264/1509/e7285.html


動画(53秒)テキストの表示時間と編集について
http://www.dougamanual.com/blog/264/1573/e7694.html



この動画は、
ビューレットビルダー7のビデオキャプチャ(新しい機能)で撮影し、
タイムラインの編集、吹き出し追加、
画像の拡大と、音声をマイクからいれました。


最後に出力先ををYoutubeに設定して配信しています。


ポイントは下の4つの動画から理解できます。


1:ビデオキャプチャの使い方 3分54秒
http://www.dougamanual.com/blog/264/1499/e7238.html


2:ズーム機能の挿入方法 1分22秒
http://www.dougamanual.com/blog/264/1535/e7425.html


3:プレビューを見ながら音声を挿入 1分24秒
http://www.dougamanual.com/blog/264/1503/e7261.html


4:Youtubeに出力 1分4秒
http://www.dougamanual.com/blog/264/1506/e7271.html



★ビューレットビルダーは、動画マニュアル作成のために
豊富な機能があります。


しかし、動画マニュアルを効率良く作るためには、
全ての機能を熟知する必要はございません。


見やすい動画を作るために、どの機能を使うといいのか?


必要な機能をどのように使いわけるといいのか?


なぜ、この機能を使うといいのか?



という動画作成の「ノウハウ」をお教えします。 


★5月10日 無料セミナー
東京渋谷で開催 定員20名 お申込みはこちら
http://www.webdemo.co.jp/seminar108.html

One Response to “テキストの表示される時間を調整する方法”

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ