動画マニュアルを多くの人に見てもらう方法

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
8月の動画マーケティングセミナー

今、検索で上位になるために必要なことは
—————————————
グーグルと相性のいい媒体を使うこと。
ユーザーに役立つ情報を配信する。
—————————————
この2つが重要です。
8月22日 開催 残席 4名です。
http://goo.gl/GsYg3R

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

動画マニュアルを多くの人に見てもらう方法
以前 多くの人に動画を見てもらう6つの方法
http://www.webdemo.co.jp/?p=2670

という記事で、動画を様々な媒体を使い拡散する
ということをご紹介しましたが、

動画マニュアルを多くに人に見てもらうには

もう一つ重要な要素があります。
それは、動画の「タイトル」です。

動画は再生ボタンをクリックしてもらわななければ
中身がわかりません。

そのため、この動画(コンテンツ)を見ることで
どのようなことが「わかる」のか
「どのような問題が解決するのか」

ということをタイトルでお知らせすることが必要です。

動画マニュアルの場合、
直接的な行動、「XXXXXXXの方法」がわからないという
お客様の問題を解決するのですから、
タイトルは
「XXXXXXXの方法」とするのが一番わかりやすいわけです。

たとえば今流行の「LINE」
ラインの使い方 動画マニュアルのなかで
トークの履歴を削除する

とタイトルで付ければ、ピンポイントでお客様には伝わります。
http://www.dougamanual.com/blog/287/1628/e7864.html
さらにこの動画が1分もなく、短いコンテンツであれば

「たった30秒でわかる ラインの履歴を削除する方法」

というタイトルにすれば、動画の長さを気にする「不安」も
払拭でき、再生してくれる人も増えるわけですね。
動画を見てもらいたい=お客様の悩みを解決する

という視点でタイトルを付けるようにしてみてください。

大切なことは
再生することで得るお客様のメリットをタイトルにすること。
「新商品の優れた機能」というタイトルよりも

「ワンクリックでどんなプリンターでも無線から印刷できる・・・」

というような具体的なメリットをタイトルにしましょう。

 

本日は以上です。

コメントを残す

サブコンテンツ

過去のエントリー Since 2009

このページの先頭へ